スマホの勉強シリーズ

勉強のステップについて

01. スマホの勉強ステップ

 
「スマホの勉強」がどういうステップで展開されるかを解説します。
 

有料版と無料版があります

 有料版と広告付き無料版の中身は一緒です。単に各画面に広告が載るかどうかの違いだけです。
 
 説明画面は動画もテキスト用の図も広告のついた無料版を利用しています。
 
 アプリを区別するためアイコンは違がえています。アップル社がFreeと記載することを好まぬため、巻1では有料版と無料版は色で変えています。

有料版巻1アイコン

無料版巻1アイコン


  
 初心者は広告の表示により混乱する懸念がありますので、有料版をお勧めします。

 

全体的流れ

 入門編から巻2、巻3と開発を進めてきました。それぞれのステップについては、下記に説明をします。
 
 初めてスマホを扱う年配者を念頭に開発しました。設定は難しいので、息子さん、娘さん、お孫さんなどの「応援者」に設定をしてもらう前提です。設定されたiPhoneを持ったら、この「スマホの勉強」シリーズの動画を見ただけでiPhoneが使えるように仕組んであります。更にこまかなことや動画では理解できなかったところをテキストと図でおさらいをして貰うという構成になっています。
 
 すでに使っているひとも、このシリーズをご覧になると、そんな使い方もできるのだとわかり参考になると思います。
 
 一応入門編から順に巻2、巻3と進みましたので、今後開発する巻4、5もご期待頂きたい思います。巻3まで進むと扱い方が大分わかると思いますので、あとは想像で他のアプリも使えるようになると思いますので是非トライをして貰いたいと思います。
 
 巻4くらいまでは、基礎的なこともくどいように入れて懇切丁寧に解説をします。
 
 巻が進むにつれて巻5くらいからはある程度基礎的なことは覚えているという前提でスピードと内容の充実に重きを置きたいと考えます。
 
 巻6から7くらいで現在私が日常で使っている程度のことは盛り込みたいと思います。
 

入門編

 スマホを初めて使うひとにiPhoneとはこういうものだということがイメージとしてわかることを念頭に置いています。具体的な方法としては基礎的な操作方法などを解説しています。
 
 通常年配者が心配になる「わからない事」「異常が発生した場合の対策」を丁寧に解説をしています。心配を払拭する狙いがあります。また、初歩の用語の解説もしました。
 
 また、「応援者」にはiPhoneを買うときに年配者に何を聞き、何を決めて貰うかのチェックリスト的な資料を提供しています。更に、初期段階における設定項目について解説しました。私が設定している内容を参考に、年配者にはそこまでは要りませんよ的な助言もしています。
 

巻2

テーマとしては
◎ 文字の入力方法
◎ 音声入力と単語登録
◎ メールの受発信
を取り上げました。
 
 動画で操作方法を示し、テキストでも解説しています。
 
「応援者」に対しては文字入力とメールの設定に関して解説しています。
 

巻3

 テーマとしては
◎ 電話の使い方
◎ カレンダーの使い方
◎ カメラ・ビデオ・写真の使い方
を取り上げました。
 
動画で詳しく細目にわけて説明をしています。
 
「応援者」に対しては、このテーマに関連した36項目もの設定方法について解説と助言をしました。
 
 タブII(画面の下段にある3つのボタンをタブといいます)では動画の見方とテキストの見方を動画とテキストで解説するとともに、用語の掲載を充実しました。また、用語の質問とご意見を受け付けるフォームも組み込みました。
 
 タブIIIではトミ爺アプリと題して、この「勉強のステップ」など項目を増やしました。
 
 なお、巻3よりは表形式にして項目も大幅に増やしました。ビデオは22本、テキストと図は100項目を超えています。入門編と巻2は構造的にビデオを3本しか搭載できませんでしたので、いずれバージョンアップして、この方式に変更して内容を充実する予定です。
 

巻4

個別のアプリではなく、アプリの購入方法や画面上の操作で便利機能が沢山ありますので、それを解説したいと思います。
 

巻5以降

 私が日常使っている便利アプリをいくつか選んで解説をする予定です。