Tomji Suzuki   

sign_a_up.jpg

スマホの勉強 入門編Round-Study01-2014.pngRound-Study01-2014.png Ver.2.0.1

【テキストボタン3「応援者の頁」サイト上で再現】

目下Ver.1.1.0用に修正中

01 テキストボタン3.png

お願いしたいこと

アプリのコンセプト    クリックで詳細表示

設定さえして貰えれば、年配の初心者でも動画とテキストでiPhoneの使い方を独習できます。

 このアプリはiPhoneのことを何も知らない年配者が使い方を学ぶことができる学習アプリです。

 ただ、使うために行う各種設定については、無理をして覚えたり、自分で行うことはせずに、慣れた若いひとにやって貰うことを前提にしています。

 一方で、どこまで応援をすべきかも、きっちりと定め、応援する若いひとの負担が増えないように配慮したものです。 若い応援者は、「応援者の頁」に記載ある「お願いしたいこと」に記載した設定などを行い、このアプリと共に年配者にiPhoneを渡して頂ければ、独力でiPhoneを使うことができるようになっています。

 このアプリでは、動画とテキストでiPhoneの利用方法について、説明をしています。

 何から何まで説明をしてしまうと、初心者にとっては、かえって混乱をしてしまいますので、誤解を惧れず初歩の初歩のみを説明することにしました。

 また、初級その1その2その3のごとく、段々に内容の濃いものにしていくように考えています。

 広告表示のない有料版アプリも発売します。年配者が混乱しないように、有料版のアプリをご利用できるように、ダウンロードの手配もしてください。

 iPhoneを購入する場合のチェックリストもつけてあります。

初心者には設定は無理   クリックで詳細表示

どんなマニュアルを見ても設定のところは難しい。これは工夫の限界を超えているのです。


アップル社は複雑なマニュアルを準備していません。それは、感覚的に画面を見ながら操作ができるように設計段階から腐心をしているからです。

 しかし、使いはじめの設定やアップル社への設定、メールの設定、通販の設定などについては初心者は無理をしないで詳しい人にお任せした方がよいと考えます。

お願いしたい設定項目   クリックで詳細表示

ここでは要望概要をテキストで説明します。設定項目一覧はチェックリストを参照ください。

⦿iPhone購入時の設定: 
 電話番号や4桁の暗証番号の設定など購入時の設定を補佐してあげてください。

⦿G-Mailアドレスの設定: 
 アップル社への登録にも使われる基本となるメールアドレスを設定する必要があります。 迷惑メールのことを考えると、この機会に新規にG-Mailに登録して、メールアドレスを取得することをお奨めします。 メッセージやその他のメールアドレスまで使うと複雑になるのでG-Mailだけにすることをお奨めします。 注:「メッセージ」とはメッセージというアプリを使って同じ通信業者の利用者間で交換するものでメールに似ていますが、特に必要がない限りG-Mail一本で通信を行うことを奨めます。 もし、従来使っているメールアドレスがある場合は、そのアドレスに入ったメールを全てG-Mailに転送してiPhoneではG-Mailだけを見るのがよいと思います。その転送の手続きもしてあげてください。

⦿アップル社設定。Apple IDのことです。App Store設定も同じものです。: 
 メールやパスワード、それにクレジットカードの登録までして上げてください。⦿iPhoneの使いはじめの設定 iCloud、言語設定など新規にiPhoneを立ち上げた時に要求される設定を全部して上げてください。 ホーム・ボタンに指を押しつけて行う指紋の登録もお願いします。

⦿メールアカウントの設定: 
 取得したG-MailアドレスをiPhoneに設定する必要があります。それをメールアカウントの設定と言います。 アカウントを設定するとiPhone上でメールの受信を見たり、発信をすることができます。従来パソコンで行っていたメールの受信・発信の記録もiPhone上で見ることができます。 設定以降は、パソコンとiPhoneが同期されて常に同じものが見られるようになるので大変便利です。 ただ、この設定は結構難しいので慣れたひとにお願いしましょう。アップルストアに通って助言をして貰う方法もあります。

⦿住所録の移動: 
 パソコンに住所録のあるひとは、iPhoneの「連絡先」に住所を転写することができ、それ以降は同期機能を利用していつでも同じ住所録を見ることができます。 パソコンに住所録のないひとは、紙の住所録の名前や電話番号を入れておくと便利です。 メールを受信したり、電話を受けたりすると、そのアドレスや番号を「連絡先」に記入することができます。その方法は、いずれ解説します。

⦿通販「アマゾン」のアカウント設定:
 この代表的な通販の設定を行って、この便利な機能を利用できるようにして上げてください。 名前、フリガナ、メールアドレス、携帯電話番号、パスワード(6桁以上の英数字)を入れると簡単にアカウントが開設できます。 注文をするには、更に住所、クレジットカードの詳細情報などを登録する必要があります。

⦿キンドルの設定:
 キンドルとは、アマゾン社が発行している電子書籍です。 アマゾンのアカウントを持っていると、キンドルの電子書籍を購入することができます。 「キンドル」というアプリをiPhoneにダウンロードして上げてください。 試しに私が書いた電子書籍「トミ爺が語る電子出版のすすめ」100円をアマゾンに注文して、その場で読めるように設定して上げてください。

⦿iBooksの設定:
 iBooksはアップル社が運営する電子書籍ストアです。 App Storeよりアプリ「iBooks」を無料でダウンロードして上げてください。 アップル社のIDとパスワードがあればできます。 iBooksアプリを起動すると、App Storeより電子書籍を購入することができます。 私も「トミ爺が会得したiPhoneアプリ申請手続きの方法」という本を発行していますが、これは専門書ですから、初心者には不向きです。本を検索する方法を教えてあげてください。

⦿マップの設定:
 アップル社の標準地図アプリ「マップ」はすでにインストールされていますので、起動して、最初の自分の位置をの登録をしてあげてください。 また、このアプリでも解説をしていますが、検索の仕方も教えてあげてください。

⦿インタネット「Safari」の使い方:
 このアプリは使い道が広いので、最初の使い方を教えてあげてください。 「検索」の仕方や「お気に入り」の記録方法などを教えて頂ければ充分でしょう。

⦿注:ここでは、応援者に頼らずに自力で設定をするひともおりますので、少々注釈もつけました。 ベテランの方には余分な説明もありますが、ご了承ください。 また、初心者に、この程度の内容を口頭で分かり易くご説明頂けると理解が深まると思います。

WiFi無線の設置      クリックで詳細表示

家でWiFi無線を設定するのも年配の初心者には無理があります。


まず、初心者のためにWiFiについてご説明します。WiFiとは無線装置のことです。「ワイファイ」と呼びます。


iPhoneは通信会社の電波を受信して電話をはじめメールやインターネットを見るのに使っています。

 しかし、その通信会社の電波のほかにWiFi電波を使うことができます。 WiFi電波は通信速度が速く、一旦装置をつけてしまうと通信料はかかりません。

 そのために、家庭内にWiFi装置を設置することをお勧めします。この装置があると何台でもiPhoneをつなぐことができます。iPadにも利用できます。

 以下にWiFi装置の概要について説明します。家庭用装置:お弁当箱くらいの大きさで価格も1万円前後です。量販店や通販で買うことができます。少し慣れた人なら自分で設置ができます。

接続:この装置の片方はインターネットに接続する受信装置と接続する必要があります。もう片方は電波でiPhoneにつながりますからこれは設定だけで特に工事はいりません。

◎iPhoneとの接続設定:昔は設定が非常に難しかったのですが、現在は自動で簡単にiPhoneに接続します。ただし、設定にはパスワードを要求されますので予め準備をして設定をしたら紙に記録しておきましょう。

インターネット装置:これはパソコンを家に持っている人は既にある装置です。ADSLとか光回線、ケーブルネットなどに接続されています。それら装置がない場合には詳しい人に相談してください。

その他ご参考事項:WiFi装置にはいろいろなものがあり値段も変わってきます。

 特にiPhone1階と2階で使う場合は下記のことに留意する必要があります。

 通常の木造家屋なら1台で1階も2階でもつながると思われますが、建物構造が鉄骨やコンクリートの場合や大きな家では少し電波の強い装置をお勧めします。

 最初に入れた装置が2階ではつながりづらい場合はもう12階に増設することもできます。その場合はいちいちiPhone側でつど設定を変える必要があります。

iPhone「設定」ガイド   クリックで詳細表示

iPhoneを使い始めるときの設定ですが、年配の初心者に最低限必要な項目を説明します。


iPhoneの「設定」は灰色のギアみたいなアイコンを開いて行います。

 設定項目は、本当に沢山あります。しかし、慣れないうちから余りいじってしまうのはお奨めできません。 例えば、年配者用に字を大きく見せることができる「ズームイン」機能もあります。

 しかし、この機能をONにすると、結構操作が難しいのです。

 ですから、ここでは扱いません。巻3くらいで扱うのが適当かと思います。

 ここで設定する項目は、iPhoneを起動すると、機械の方から設定を促しますので、それに従って記入をしていってください。

項目を列挙すると

◎iCloud◎使用する地域使用言語
ホーム・ボタン指紋登録
地図の現在位置を登録

注:iCloudのパスワードはアップル社のパスワードと同じです。

あとはこのアプリにお任せを クリックで詳細表示

最初の設定さえ済んでいれば、年配者でもこのアプリで使えるようになります。

 もともと、iPhoneの設計は感覚的に操作できるようになっています。

 それを、更にこのアプリでは動画で操作方法を丁寧に再現をして示しています。

 また、用語の解説などテキストでも解説をしています。

 最初の設定をマニュアルなどで学ぶのは至難の業ですが、それが事前に設定されていれば、まず問題なくiPhoneの使い方を独力で覚えることができると考えています。

 説明は、初級その1においては不完全であっても余分なことは説明せず、基礎の基礎のみを説明しています。 その後、初級その2やその3などでだんだんと程度を上げていく予定です。

 初級その2やその3にも「応援者の頁」を設けます。そこで、設定などで徐々にレベルを上げて、お願いをしようと考えています。

設定チェックリスト    クリックで詳細表示

iPhone購入時確認事項

使用目的を明確にする     クリックで詳細表示

機種選定に当たって年配者に質問をする「使用目的」をまとめました。

電話を使うかどうか。
 もし、電話を全く使わないのならiPadやiPadミニの購入も検討されたらよいと思います。iPodもひとつの選択肢です。

外で使うケースが多いか
 画面が大きいiPhone6 Plusの方が、年配者には何かと見やすいと思います。しかし、外出先で見ることが多いと、ある程度持ち運びが便利なiPhone6iPhoneSを選択することも考えられます。

動画を撮影する機会が多いとか、メモリーを食うゲームをするか
 8G,16G,32Gなどメモリーを選ぶ場合、予算を考えて販売店と相談をしてください。

通信会社を決める      クリックで詳細表示

ソフトバンク、au、ドコモの選択肢があります

 使う場所での電波のつながり易さを確かめる必要があります。

 都市部ではどこでも問題ないと思いますが、別荘で使う時つながるかは重要な要素です。

 価格体系が微妙に違いますので、よく研究をする必要があります。

 今まで使っていた携帯電話会社から乗り換える場合は、優遇するなど各社キャンペーンをやっていることがありますから、その視点からも検討してください。

機種を決めるための参考事項 クリックで詳細表示

iPod touchiPhone5SiPhone6iPhone6 PlusiPadミニ、iPadから選ぶ。Apple Watchも考慮。


 iPhone5SiPhone6iPhone6 PlusiPadミニ、iPadは画面の大きさが違います。

 iPhone5S4.0インチ、iPhone6 4.7インチ、iPhone6 Plus5.5インチです。

 それに選択肢としては本体の色があります。

 店頭で手に取ってある程度操作をして確かめてください。

 中古機を買ったり、貰ったりして電話会社に登録をして使うこともできます。慣れたひとに相談をしてください。

 なお、iPhone4Sは中古機として買えますが、画面が3.5インチです。iPhone5Sの4インチより更に画面が小さくなるので、余りお奨めできません。

 電話機能のないiPod touchも選択肢のひとつです。これは電話機能のついていないiPhone5SiPhone5Cと考えればよいしょう。

 iPodの画面の大きさは一緒で4インチです。カメラ機能が少し劣る反面、手にぶら下げられるストラップが付けられるし、価格も安いというメリットもあります。

 電気器具量販店などで、説明員に聞いて、自分の使用目的とご予算より判断をしてください。

 iPadiPad miniには、いくつかの機種があります。

 更に、WiFi専用機という接続方式での選択があります。


WiFi専用機というのは、自宅でWiFi無線装置がある場合、通信料がかからずに使うことができます。


WiFi+Cellularというのは、外出先などでWiFi電波がないところでも、インタネットやメールができます。

 但し、通信会社と契約をして月々の通信料を支払う必要があります。なお、使い勝手はiPhoneと同じですが、電話機能はありません。

 Apple Watchが日本では4月24日に発売になりました。iPhoneとつないで使うことになります。iPhoneを購入する際に、どういう影響があるか、調べてみてください。

容量を決める        クリックで詳細表示

機種ごとに能力(メモリー)の大きさを指定して購入します。

機種によって異なりますが、購入する時にメモリーの大きさをいくつにするか選定する必要があります。


8G 16G 32G 64G 128Gなどというメモリーの大きさで選ぶことになります。Gとはギガと発音するメモリーの単位です。

 動画を沢山使うとか、メモリーを沢山使うゲームの場合に容量の大きい機種を選ぶ必要があります。

 お値段と関係ありますので、何に使うかを考えて決めます。慣れたひとが助言をしてあげてください。

購入先決定時の参考事項   クリックで詳細表示

アップルストア、通信会社、電器量販店などから購入するわけですが、参考事項を参照してください。

 どこで買っても価格には余り差はありません。

 修理は、どこで買ってもアップルストアで行うことになります。

 どこで買っても通信3社との契約はできます。
 アップルストア: 
アップルストア(現座などの店舗)またはアップルストアの通信販売で購入することができます。全機種が展示されていますし、説明を聞くのも参考になります。場合によって、特殊機種はここでしか買えない場合もあります。

 通信3社: ソフトバンク、au、ドコモのどこで買うかは「通信会社を決める」を参考に決めてください。

 量販店: アップルストアおよび通信3社の代理店をしています。
 利点としては、アクセサリーなどが豊富に揃っていて、購入と同時に買うことができます。
 ポイントが付くと思い込まず、確かめる必要があります。

アップルケア加入選択    クリックで詳細表示

「アップルケア」とは、アップル社の標準保証期間が過ぎたあとの修理・保証契約のことです。


アップルケアという制度があり、どこで買うにしても、アップルケアに加入するかを聞かれます。加入するかどうかは大きな課題です。

 アップルケアに入っていると画面のガラスが壊れた時などに有利だと勧められますが、加入料との兼ね合いで決定してください。詳しく条件を聞いて加入するかどうを決めてください。

iPhone購入時チェックリストクリックで詳細表示

渡して欲しい紙の記録

再設定するための記録    クリックで詳細表示

機械が不調で再設定する場合があります。その為重要な設定用記号などは、紙に記録をしておきましょう。

 Apple
IDなど重要記録は紙に記載して保管することをお勧めします。


iPhoneを初心者に渡す場合、そういう重要記録を紙に記入して大切に保管するようにと念を押して渡してください。

これだけは捨てられない   クリックで詳細表示

下記の項目は再設定の時に必要です。紙に記録をしておきましょう。

 下記の項目を設定次第、紙に記録をして渡して上げてください。

1.iPhone購入時設定a.電話番号b.購入時設定4桁の暗証番号

2.G-Mailアドレスの設定
a.メールアドレス
b.ログイン暗証番号
c.クレジットカード番号
d.クレジットカード期限
e.カード名義

3.アップル社設定
a.メールアドレス
b.ログイン暗証番号
c.クレジットカード番号
d.クレジットカード期限
e.カード名義

4.iPhoneの使いはじめに設定した事項は再設定の時判断をすればよいので、記録は不要と思います。
iCloudのパスワードを聞かれたらアップル社登録のメールアドレスとパスワードがあれば設定できます。

5.メールアカウントの設定G-Mailの場合は、上記を記録していれば再登録できますが、他のメールアドレスの場合は、下記のような記録を残しておく必要があります。
a.メールアドレス
b.受信用サーバー
c.ユーザー名
d.送信用サーバーなど

6.通販アマゾンの設定
a.メールアドレス
b.ログイン暗証番号
c.クレジットカード番号
d.クレジットカード期限
e.カード名義

7.キンドルの設定:アマゾンと一緒です。

8.iBooksの設定:アップル社設定と同じです。

9.WiFi設定
a.ログインID
b.ログイン暗証番号

印刷用、記録フォーマット  クリックで詳細表示

依頼する側の心がけ

若いひとは時間がない    クリックで詳細表示

われわれが若い時に忙しかった以上に、現代の若いひとは忙しいのです。


 若いひとは、本心では父親や母親にiPhoneを使いこなして貰いたいと思っています。

 しかし、取扱い方法の解説をはじめると、いくら時間が掛かるかを知っていますので、惧れを頂いているのです。

 そこで、このアプリでは整理をして最小限のことを依頼するように仕組んでいます。

 このアプリの「お願いしたい項目」で提示した設定項目は、息子さんや娘さんなどの応援者に頼って、設定をして貰ってください。

 あとの使い方は、このアプリの動画とテキストで説明をしていますので、それを使って自習してください。

余り先走らない       クリックで詳細表示

スマホはびっくりするほど、できることが多いのです。

 便利な機能が沢山あります。それを全部やりたいと思いますと収拾がつかなくなります。

 ひとつづつ、ステップ・バイ・ステップで覚えて行ってください。

とにかくやってみよう    クリックで詳細表示

小学生は、教わらなくても使いこなせます。

それは、感覚的にどこを触ればどうなるかを感じとることができるからです。

 惧れを知らないからとも言えます。幸い、iPhoneは、画面のどこを押しても致命的に壊れることがないように設計されています。 壊れることを惧れずに触って会得してください。

このアプリでできること   クリックで詳細表示

応援者には、設定などの項目を。初心者には使い方の基礎の基礎。

息子さんや娘さんなどの応援者は時間がありません。そこで、設定など必要最低限の項目を整理して示しました。
 一方、初心者には、ビデオとテキストを使って、使い方の初歩の初歩を解説しました。

 これからスマホの勉強巻2・巻3で、徐々に程度を上げていきます。

 入門編だけで、iPhoneを全て操作できるようになるわけではありません。

質問はまとめてしましょう  クリックで詳細表示

若いひとは、何度も聞かれるのを嫌います。まとめて聞くようにしましょう。

 とにかく、若いひとはやることが多いので、時間を節約しようと考えています。

 iPhoneの使い方を教えるとなると、相当時間を食うことを知っています。ですから、できるだけ関わり合いたくないと考えたり、教え方がぞんざいになるのです。

 このアプリで覚えるより、息子さんや娘さんに聞いた方が簡便と思いがちになるでしょうが、ぐっと堪えましょう。

 聞くにしても、質問したい項目を記録をしておいて、一度に質問をするようにしましょう。

聞くことをメモして置く   クリックで詳細表示

慣れないことですから、すぐ忘れます。聞くことは思いついた時にメモしておきましょう。


 取りあえずはアップル社の標準「メモ」アプリを使いましょう。上が黄色の横線柄で、下の名前がメモというアプリが時計や天気予報と並んであると思います。

 これを触ると右に「新規」と書いてあります。そこを触ると日付けと時間が書かれたメモが現れます。

 そこにはキーボードも現れます。マイクを押して音声で入力することもできます。

  聞くこと と書いてみましょう。

 終わったら、右上の完了を押しましょう。

 次回、すべのメモの中から「聞くこと」を選ぶと、追加記入もできます。

 こういう記録に適したアプリもあります。いずれご紹介しましょう。

終わりに

成功を祈ります       クリックで詳細表示

さあ、これで一応iPhoneを扱うことができるようになったと思います。


 iPhoneを持っているひとでも、充分活用しているひとは少ないようです。

 徐々に、覚えていって、若者に教えるくらいになると楽しいものですよ。

 私はiPhoneアプリ開発を通じて若いお友達が沢山います。「このアプリは面白いですよ」なんで、情報交換をしています。

このアプリの著作権     クリックで詳細表示

この説明アプリは鈴木富司が画面設計・コーディング・動画制作・テキストをつくりました。


このアプリは、アップル社のXcodeというアプリを使って制作しました。

 広告を除くこのアプリの動画のシナリオ並びにテキストの原稿、取り込んだ動画、音声並びに画像は、すべて私、鈴木富司が自作したものです。

 コーディングのメンター藤井悠太さんの助言を頂いております。内容を理解した上で、自分の表現方法で新規に制作をしたものです。

 アップル社の著作権、広告関係会社の著作権並びに紹介したウェブサイトやサービスに関する著作権以外は、全て私、鈴木富司に属します。

 なお、用いた画像の体裁、色調については nicospyder さんに助言を頂くと共に一部画像を制作して貰いました。

 アイコンの画像は、私の孫娘のkazami が描いた私の似顔絵をベースにnicospyder さんが描いたものです。


Copy rights of illustrations: nicospyder based on kazami's face copy
Copy rights of this app: 2015 Tomzy, Tomiji Suzuki

このアプリの責任範囲    クリックで詳細表示

このアプリに含まれる情報は参考として提供したもので内容の正確性を保証するものではありません。

このため、これらの情報を利用した結果について、私はいかなる責任も負うものではありません。

 また、参照用として紹介をしたウェブサイトの情報を利用した結果について、サイトの制作者は勿論のこと、私もいかなる責任も負うものではありません。

 特に、このアプリは初心者を対象に制作した解説アプリですので、混乱を避けるために思い切って簡略に要点のみを記述、表現をしたところがあります。

 以上をご承知のうえ自己責任でご利用ください。

 操作方法の中に「アイコンに触ると画面が変わると思います。余程無茶をしない限り壊れませんから、画面に触ることを惧る必要はありません。」と書きました。これは機械の反応について書いたものです。

 もし、ゲームの中で費用の発生するボタンとか、怪しいサイトに迷い込み、多額の閲覧料を請求することを「承認」するボタンを押したり、操作をしますと、あとから料金を請求されることがあります。責任は負えませんのでご留意ください。

 私は、メキキ・クリエイツ株式会社の顧問として、ジーニアスノートプロジェクト(Genius Note)に参画しています。 このシステムは、制作した著作物をウェブサイト上で手続きをすることにより、タイムスタンプを押すことができるシステムです。

 その手法は特許も利用しています。このアプリの原稿をはじめ、動画、画像、音声などの電子ファイルには、このジーニアスノートシステムを使ってタイムスタンプを押してあります。 ジーニアスノートに関する詳しいことは、下記をご参照ください。http://www.geniusnote.com/ iPhone アプリについてのアイデアなどを登録することができます。

開発者トミ爺の連絡先    クリックで詳細表示

スマホの勉強 入門編
















「トミ爺が会得したiPhoneアプリ申請手続きの方法」

iBooks電子出版