Tomji Suzuki   

トミ爺アプリ開発者

R0014745tomiji-iPad.JPG2010年74歳頃の写真です。日本で発売されたばかりのiPadを借りてRainbowAppsスクールの教室で撮影して貰いました。

富司写真プロフィール用花美作品160918_photo139.jpg2016年81歳の写真です。プロのフォトグラファーに育った孫の花美に撮影して貰いました。 Copy right Hanami Suzuki

鈴木富司 (トミ爺)

 上の写真は、2010年の4月にRainbowAppsスクールで、iPhoneアプリのプログラミングを勉強している時に、米国製のiPadを、はじめて手に取った時の写真です。

 このように新しいものは大好きです。1995年、阪神・淡路大震災のすぐ後でしたが、神戸から川崎に戻ってきて、心を癒してくれたのが、アップル社のMacでした。60歳のときです。それ以来、Macのとりこになっています。

 子供のころから、ひとが知らないことを知っていることに快感を覚えていましたが、そのうちに「革新的な思想と技術を世に広める」ために、この世に生まれてきたのだと、認識するようになりました。

 2012年1月にある若者のグループのセッションで、瞑想のあと「年末には死ぬと判っていたら何をしますか」と問われました。思わず、2010年にiPhoneアプリのプログラミング学校に通ったのに、挫折したことを思い出しました。

 素晴らしい人生の中の「一つの心残り」になると感じていましたので、2013年に再受講して勉強をしなおしました。

 友人でもあり、学校の講師でもある水谷雅宏さん(アプリ開発者です。http://www.robotani.com をご参照)と藤井悠太さんの助けを得てiPhoneアプリの開発を行ってきました。

 2016年よりはSwiftを新規に勉強をはじめて、目下Swiftで巻3を開発済み。Swift関係の勉強会が沢山開かれており、若いひとに混じって月に3〜4回は勉強会や懇親会に出席しています。現在82歳ですが、毎日Macに向かっています。

【育ち】
 1935年、桐生市の織物業七代目の真面目な父、鈴木徳平の6男として生まれ、6男8女の大家族で育つ。仕事に家事に超多忙の母を支える専任の守っ子さんの背中で育つ。小学校4年で終戦という時代環境で、軍国教育、極端な食料難、戦後の無法自由主義、組合赤旗教師の偏向教育を体験。

【経歴】
 東京工大機械工学課程、三菱商事、米国ラーソン社。海外交渉相手は14ヶ国、22人種。

【現在の活動ほか】
 メキキの会のWebマガジン <志あるリーダーのための「寺子屋」塾> http://terakoyajuku.jp
の大番頭として編集にあたってきましたが10年続けましたので一旦止めることになっています。次のプロジェクトとしてはメキキの会の「サムライ時計」アプリを開発すべくプロモーターとして関与したいと思います。

 生涯現役として、アプリの開発、ウェッブ・サイトの制作、電子出版を行いたいと思っています。このウエブ・サイトも自作です。


 2013年8月にアマゾンキンドルより電子書籍「トミ爺が語る電子出版のすすめ」を刊行しました。http://www.amazon.co.jp/dp/B00EAREIAW



 地域の自主防災組織の立ち上げも一段落したので、防犯活動のための防犯ネットの管理をしています。


【家族】
 妻、4人の子宝、10人の孫

【志ほか】
 「革新的な思想と技術を世に広める」
 天命動詞:「チャレンジ」

 自作の自己紹介HP: http://www.tomiji.net

 執筆したメールマガジン「自動車輸出物語」は自作のサイト  http://www.tomiji.net/jidoosha/index.html に掲載中。




ビデオによる解説

数字メモ

「トミ爺が会得したiPhoneアプリ申請手続きの方法」

iBooks電子出版